結婚式招待状封筒書き方

結婚式招待状の封筒の宛名書きのコツを伝授!宛名書き、連名、印刷、筆耕、縦書き、依頼方法

ふたりから結婚式招待状がゲストに届いて、真っ先に目に入るのが、招待状の宛名書きです。
招待する人達は日頃お世話になっている人ばかりなので、ぜひ出席して貰いたいですよね。
そのためには、失礼がないように、また気持ちよくお越しいただけるようにしたいものです。


ゲストは、結婚式招待状が届くのを楽しみにしていたはずです。

名前や住所に間違いがないかは結婚式招待状を送る前に入念にチェックしましょう。
招待状の封筒の宛名書きは結婚式の始まりとも言える重要なものなのです。

招待状 封筒(宛名) 書き方

招待状の封筒の宛名(ゲストの住所や氏名)は、印刷と筆耕のどちらかとなります。
最近は、印刷で済まされる方が多いですが、手書きで一文字一文字丁寧に書かれた筆耕の方がやはり丁寧です。

宛名には毛筆で書くのが正式

招待状の顔となる宛名には毛筆で書くのが正式と言われていますが、筆ペンで書いても問題ありません。
ただ、ボールペンはあまり好ましくないでしょう。
宛名は手書きの毛筆とします。自信ないときは筆耕代行業者へ依頼しましょう。
パソコンの宛名印刷を使うのもいいでしょう。

招待状を受け取った方に与える印象も、印刷と筆耕では違います

なるべく筆耕をおすすめしますが、なかなか書きなれない筆で文字を書くのは難しいです。
ココサブでは、筆耕も承っておりますが、予算に余裕がない方や、筆耕にこだわりのない方は、印刷でも構いません。
字の得意な友人にお願いするのも良いと思います。

横書きか、縦書きか?

封筒の文字の向きは、縦書き、横書きどちらでも構いません。宛名が横書きなら、差出人も横書きに揃えましょう。
ちなみに、ココサブで注文される方は、横書きで印刷される方が多いです。

◆封筒 横書き ◆封筒 縦書き
 結婚式招待状封筒横書き結婚式招待状封筒横書き  結婚式招待状封筒縦書き結婚式招待状封筒縦書き

 

招待状の宛名書きは新郎新婦別々で書くの?

結婚式招待状の封筒の宛名書きは、印刷するよりも筆耕の方が受け取った方により想いが伝わります。
しかし、住所と氏名を1枚1枚書くにはすごく時間がかかりますよね。結婚式まで色々準備があり時間があまりない場合は、大変ですね。

新郎新婦どちらか字を書くのが得意な場合は、そちらにお任せしても良いですし、自分が招待したゲストは自分で書くといった具合にそれぞれ招待するゲストの分を書いても良いです。
ふたりでよく話し合って決めましょう。

結婚式へ招待している方の中に字の上手な方がいるからといって、その方へ筆耕をお願いするというのはやめましょう。
字が下手でも自分たちで丁寧に書くことによって、印刷よりも喜ばれますよ。

どうしても忙しくて時間がない方は、業者に筆耕を依頼するという方法もあります。ココサブでは封筒宛名印刷1枚216円、筆耕は1枚270円で承っています。

結婚式招待状は全員に出す?

ご夫婦やご家族で出席してもらいたい人に対しては、宛名は連名とし、それぞれの名前の下に様を付けるか、もしくは令夫人としましょう。

結婚式招待状は兄弟姉妹、親戚など、全員に1枚1枚出す必要はありません。夫婦や親戚などは一世帯に1通で結構です。
封筒の宛名には招待する方を連名で記載しましょう。

ただし、記載するのは基本的には4名までとします。
ご家族の場合にはお子様の名前も書きますが、お子様の人数が3名以上の場合などは以下を「お子様方」や「ご家族様」、「御一同様」などとします。

一世帯でも、内一人が別々に住んでいるなどの場合は、その方のみ別々に招待状を発送した方が親切な場合もあります。
受け取る側の立場に立って考えましょう。

招待状 封筒(差出人) 書き方

1)差出人は披露宴の主催者と同じ

◆披露宴の主催者が両家の親の場合は両家の親の名前で、新郎新婦の場合はふたりの名前で出します。
◆連名で出す場合は、封筒の差出人は両親にするのが一般的ですが、
両家の了承がとれていましたら、あまり深く考えずに本人の名前でも大丈夫です。

2)入籍前なら旧姓が基本

ふたりの名前が差出人の場合、旧姓で記載しましょう。ただし、入籍済みの場合はこの限りではありません。

 

◆入籍済みで
一緒に住んでいる場合
◆入籍はしていないけど
一緒に住んでいる場合
◆一緒に住んでいない場合
新居の住所で名前は連名にします。
ただ新婦は、改姓では誰かわからない可能性もありますので、
名前の後に(旧姓)を入れます。

山田 太郎   
花子(旧姓 吉田)

返信ハガキの回収先は、2人一緒にしたとしても、
封筒の住所は入籍前であれば、
新婦は実家の住所にした方がご親族様の目もありますから無難です。

それぞれの住所と名前にします。

 招待状は双方を幸せにするもの!

結婚式のスタートは招待状から始まります。
送る方ももらう方も幸せにしてくれるものです。
定型でも手作りでも人それぞれに良さが出ているものです。
招待するゲストを思い浮かべながら、一枚一枚封筒の宛名を書きましょう。

これから招待状を送るふたりは、オリジナル溢れる招待状というものを楽しんでください。
みんなの喜ぶ顔が浮かぶと楽しく思えるものです。良い式になることをお祈り致します。


関連する記事

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。