海外ドラマの結婚式のシーンで、お揃いのドレスを着用した友人達が、花嫁のドレスの裾を持って一緒にバージンロードを歩くシーンなどを見たことありませんか?

女性なら、自分の結婚式でもあんな風な結婚式をしてみたいと、憧れる人もいるのではないでしょうか。
今回は、ブライズメイドについてご案内しますので、参考にしてみて下さい。

ブライズメイドって何?

ブライズメイドとは、欧州で行われている一般的な習慣の一つです。
花嫁に先立ってバージンロードを入場したり、花嫁の身の回りのお世話をする花嫁の介添人や、立会人のことを言います。

花婿の立会人には、グルームズマンとかアッシャーと言います。

ブライズメイドの由来

幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが、花嫁の衣装に似た衣装を着用し、悪魔の目を惑わせるためとされています。
そのため、ブライズメイドは花嫁の友人や親族よりも、未婚の女性を2人~5人選び、お揃いの衣装を着用することが基本とされています。

海外のブライズメイドは、6人~7人くらいが平均だそうです。
ブライズメイドの本来の役割は、花嫁のドレス選びから始まり、結婚式の準備全般や、花嫁の精神面をサポートすることです。

ブライダルシャワーという花嫁を祝福するパーティーの企画なども行います。

日本でも似たような

日本では、プランナーさんが全部やってくれますが、海外ではプランナーさんがいません。
全部、花嫁・花婿任せなので、女中さんみたいな感じで、様々な雑用を花嫁と一緒にやってくれるのが、ブライズメイドです。
花嫁と一緒にドレスを見に行ったり、ブーケを選んだり、テーマカラーをどうするかなどを行います。

日本では、結婚式場のスタッフがフルサポートしますので、欧州のようにそのまま取り入れる必要はありません。
日本でも、披露宴の受付や、挙式のお手伝い、二次会の企画など、様々なシーンで新郎新婦の友人がサポートしていますよね。

ですが、ブライズメイドや、グルームズマンを立てることで、挙式や披露宴が華やかになることはもちろんですが、フィッティングや挙式前の準備段階を親しい友人同士で共有しあうことができ、一緒に結婚式を作り上げていくことで、より絆が深まります。

グルームズマンは何をするの?

海外でのグルームズマンは、特にやることがなくて、唯一、花婿の独身最後の夜に、バチェラー・パーティーを企画する係を務めます。

それから、結婚式当日に、グルームズマンがバージンロードを準備する役を務めますが、真っ赤なアイルランナーをさぁーっと広げるシーンは、カッコいい見せ場となります。

ブライズメイドやってみたくなったでしょ♪

ブライズメイドを頼みたいけど、お揃いの衣装を揃えるは大変そうだから無理!と、思っていませんか。
最近の結婚式場では、ブライズメイドとグルームズマン用の衣装を貸し出しているところが増えてきています。

昔は、花嫁の引き立て役として、ダサめのドレスを着るのが定番だったそうですが、今はお洒落で可愛いドレスが主流になってきています。