みんなのウェディング

実際に、世界各国で海外挙式を行った先輩カップルの体験談をご紹介します。
海外挙式やリゾートウェディングは憧れだけど、実際どうなの??と思っていませんか?

日本の結婚式には出席したことがある人があるから、なんとなく想像がつくけど、海外挙式となるとイメージが湧きづらいという方も多いのではないでしょうか?。

実際に海外挙式を行った先輩カップルから、「海外で挙式をして良かったと思った点」や、「実際に海外挙式をして想像と異なっていた点」「おすすめのオプショナルツアー」などを聞いてみました。

先輩カップルからのリアルなアドバイスを是非参考にしてください。

招待状・席次表のペーパーアイテムについて

リゾート挙式・海外挙式のお役立ち情報

海外挙式・リゾートウェディング体験談

グアム・ハワイでの結婚式

グアム、ハワイは日本語が通じるので日本人にとっては行きやすい場所です。
チャペルもヨーロッパに比べるととても多く、色々な場所からお好きな教会を探すことが出来るのも魅力です。
また、ウェディングドレスや靴などもレンタル出来るので、荷物が少なくて済むのも良いのではないでしょうか。
もちろん、ウェディングドレスにこだわりたい花嫁さんは、持ち込みすることも可能ですので、ご安心ください。

ヨーロッパでの結婚式

ヨーロッパで結婚式を挙げるには、他よりも料金が若干高めですが、教会や大聖堂など格式高く、大きなパイプオルガンが奏でる中、歩くヴァージンロードはとても素敵です。
ヨーロッパの大聖堂の雰囲気は本当に神聖な雰囲気で、日本の神社のように、神様がおられる厳かな雰囲気が感じられます。
天井も高く、教会事体が大きいので、ステンドグラスもとても大きく綺麗な所が多いです。
結婚式の後は、白い馬のひく純白の馬車に乗ってヨーロッパの街を走ることも可能です。

モルディブ・タヒチでのリゾートウェディング

モルディブやタヒチもオススメのリゾート地です。
青く透きとおった海を背景に挙げる結婚式は、海外ウェディングならでは。
結婚式での誓いの言葉、指輪の交換、ケーキ入刀など一通りの流れを進めた後に、タイムカプセル式の手紙をお互いにプレゼントしても素敵です。
何年後かにふたりでタイムカプセルを開けて、お互いに手紙を読むと、新婚の頃の気持ちが蘇りそうですね。

中国や東南アジアの結婚式

日本の結婚式よりもラフなスタイルのようです。
披露宴も席次表などはなく、ゲストは自由席で服装もラフな格好で出席されるとのことです。
そんな中、大手のワタベウェディングさんなどが参入され、結婚式の1部に日本式のケーキカットや、ファーストバイトなどを取り入れる方が増えているそうです。


関連する記事

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

教えて!結婚式までの「ウェディングレッスン」
招待状・結婚情報サイト紹介
みんなの地域のウェディング事情
みんなの海外挙式・リゾートウェディング体験談
結婚式での花嫁の手紙