結婚式の中でも、リゾート挙式はとても人気となっています。中でも、ハワイ挙式は大変人気となっており、ハワイで結婚式を挙げる方も多いようです。

しかし、ハワイでの挙式の場合、参加する方は、服装はどうしようか悩んでしまうという方も多いです。
そこで、リゾート挙式やハワイ挙式での服装について、ご紹介します。

目次
人気のハワイ挙式での服装は?
事前に全員で服装の打ち合わせを
足元や小物で個性を出して
国内リゾート挙式での服装は?
リゾートウェディングでゲストが考えるべきこと
リゾートウェディングの場合はその天候を考慮に入れる
リゾートウェディングで避けたほうが良い服もある?

フォトプロップス・フラッグ

人気のハワイ挙式での服装は?

結婚式を海外リゾートなどで挙げるという方は非常に多く、特にハワイ挙式などはとても人気となっています。

ハワイ挙式に憧れているという方もいらっしゃると思いますが、やはり日本とは違う、海外での挙式なので、不安も多いと思います。
そこで、ハワイ挙式についての服装などをご紹介したいと思います。

日本とは違うと考えてよい

国内のようにきっちりした礼服ではなく、それぞれの国によってドレスコードが異なります。

日本では、正装が基本となります。
男性の方は、スーツ、そして女性の方はフォーマルなドレスなどが基本となっています。

ハワイでの挙式は、日本とは全く違うと考えてよいでしょう。
ハワイでは、必ずしもこうでなければいけないというわけではありません。

ハワイは、ムームーや、アロハシャツなどが正装となります。
もしも現地のスタイルに合わせるのであれば、ムームー、アロハシャツでも十分なのです。

事前に全員で服装の打ち合わせを

スマートでカジュアルな装いで良いのなら、事前に準備してもらうよう記載しておく事が大事です。

ハワイでの挙式の場合、事前に全員で服装の打ち合わせをしておくことが肝心です。
片方がアロハシャツ、それなのに片方の親がスーツだと、ちぐはぐな印象となってしまいます。

「当日の服装はどのような服装にするのか」ということを十分に話し合いましょう。

また、リゾート地などでは服装も混同されます。
ビーチサンダルはNGなど禁止事項の明記や、万が一の盗難や迷子に遭った時の対処法も付属して招待状に記載しておく事が望まれます。

全員で、アロハシャツでコーディネートもあり

ハワイでの挙式の場合、全員が「ムームー」または「アロハシャツ」などでコーディネートをするというのも一つの方法です。
これらのシャツはハワイで購入しても良いですし、事前に購入しても良いでしょう。

これらはハワイでは立派な正装となりますので、全く違和感はありません。
コーディネートすることで、写真でも統一感が出ますし、思い出にも残ること間違いなしです。

足元や小物で個性を出して

足元、小物などで個性を出しても良いでしょう。

アクセサリーなどをつけたり、サンダルなども花をあしらったサンダルにするなど、個性を出すという方もいます。
これも個性が出てとても素敵です。

スーツやドレスでもOK

どうしてもムームーや、アロハシャツに抵抗があるという方や、似合わないからあまり着たくない、と言う方もいらっしゃると思います。
そういった場合には、スーツやドレスなどを日本から持ち込み、そしてそれで出席するというのももちろんオーケーです。

しかし、その場合、ハワイでは、気候などが日本とは違いますので、暑くなり過ぎないように温度調節をすることが必要となります。

全員でコーディネートをしよう!

結婚式でリゾート挙式を選ぶという方も多いですが、ハワイ挙式での服装は、参加者で統一をするようにしましょう。
ムームーや、アロハシャツでコーディネートをするのももちろん大丈夫です。

国内リゾート挙式での服装は?

国内リゾートウェディングに呼ばれたけれども、そのような時にどんな服を着ていったらよいのか迷ってしまう事があります。
いつもの結婚式と同じようなドレスコードなのか?
それとももっとカジュアルにしてよいのかなどです。

国内リゾートウェディングにゲストとして呼ばれた時に恥ずかしくない、そして浮くことのない方法について考えましょう。

リゾートウェディングでゲストが考えるべきこと

新郎新婦が、日本の結婚式場ではなく、リゾートウェディングを選んだ場合はどのような事を新郎新婦は望んでいるのでしょうか?
リゾートウェディングは大抵、住んでいる町から離れているところに出かけて行うことが多いです。

たとえば軽井沢や沖縄など、ちょっと都会から離れて非日常を味わえる場所です。

移動距離が長くなればなるほど、結婚式に招待できる人の数は限られてきます。
なぜなら、日数をかけて一緒にリゾート地にまで行ける人は少なくなるからです。

新郎新婦はリゾートウェディングをする際には、招待客を厳選しているはずです。
このことはどのようなことを意味するでしょうか?

リゾートウェディングは仲の良い人と親しい雰囲気で行われる

リゾートウェディングは、そのリゾート地という土地柄に加えて、招待客が新郎新婦の家族と、本当に仲の良い友人に限られます。
とても温かい雰囲気に包まれる事でしょう。

いつもの結婚式がどちらかというとおごそかであるのと対照的です。

このことは、ゲストの服装にも関係してきます。
リゾートウェディングの場合の方が、個性的で明るい服装をしても構わないと言う事です。

新郎新婦の会社関係の方が招かれているケースは少ないです。
ですから、そのような方の気持ちを害さないようにという気持ちよりも、新郎新婦の華やかさを引き立てるような服装を選ぶことが出来るでしょう。

リゾートウェディングの場合はその天候を考慮に入れる

リゾートウェディングのイメージは真っ青な空に、真っ青な海をバックにする結婚式ではないでしょうか?
または、綺麗な森林をバックにガーデンウェディングの場合もあるでしょう。

大自然に囲まれて行う結婚式が多いので、その地域の天候を参考にしましょう。

沖縄など海で挙式が行われるときのゲストの服装

リゾートウェディングで選ばれる場所で一番多いのが、海の見える教会です。
このような結婚式ではどんな服を着ていくのが正解なのでしょうか?

それは、海の青に負けない少し色がはっきりしたドレスです。
なぜなら、新郎新婦の華やかさを際立たせることが出来るからです。

通常新婦は白のウエディングドレスを着ることでしょう。
一緒に写真を撮った時に華やかなドレスを着ているならば、色彩のバランスが取れて、より一層新婦が輝いて見えるでしょう。

リゾートウェディングで避けたほうが良い服もある?

リゾートウェディングでこれは着てくると恥ずかしい目に合う、浮いてしまうという服があるでしょうか?
基本的には新郎新婦にドレスコードを訪ねるのが正解になりますが、やはりその場をわきまえておくのは大切でしょう。

どちらにも「過ぎる」のは良くない。

リゾートウェディングに来ているのに堅苦しすぎる格好は、リゾートの雰囲気を台無しにしてしまいます。
たとえば男性なら、黒いスーツに白いネクタイという日本の冠婚葬祭の服装だとリゾート感がなくなってしまうでしょう。
スーツは少し明るい色にしたり、ネクタイやポケットチーフで刺し色を入れるようにしましょう。

女性の場合も、堅苦しくなっていないかお互いの友人たちとチェックしあうとよいでしょう。

逆にカジュアルすぎるのも四季の品格を損なってしまいます。
女性であれば、露出が過ぎたり、男性だったら、くだけすぎる格好をしてしまうと、新郎新婦にあまり良い印象を受けないかもしれません。
特に新郎新婦のご親族の方も出席していると言う事も忘れないようにしましょう。

リゾートウェディングの目的、天候を考えて服装を決めよう

リゾートウェディングに招待された時には、通常行われる結婚式とはゲストの服装も異なってくるでしょう。
その理由は通常の結婚式場ではなく、海などの大自然で行われること、また出席する人のメンバーも異なると言う事です。

結婚式の様子をイメージして、堅苦しくならず、それでいてくだけてしまわない華やかな服装を選びましょう。