結婚式の中でも、リゾート挙式はとても人気となっています。中でも、ハワイ挙式は大変人気となっており、ハワイで結婚式を挙げる方も多いようです。
しかし、ハワイでの挙式の場合、参加する方は、服装はどうしようか悩んでしまうという方も多いです。
そこで、ハワイ挙式での服装について、ご紹介したいと思います。

目次

  • 結婚式はリゾート挙式が人気!
  • 事前に全員で服装の打ち合わせを
  • 足元や小物で個性を出して

フォトプロップス・フラッグ

結婚式はリゾート挙式が人気!

結婚式を海外リゾートなどで挙げるという方は非常に多く、特にハワイ挙式などはとても人気となっています。

ハワイ挙式に憧れているという方もいらっしゃると思いますが、やはり日本とは違う、海外での挙式なので、不安も多いと思います。
そこで、ハワイ挙式についての服装などをご紹介したいと思います。

日本とは違うと考えてよい

国内のようにきっちりした礼服ではなく、それぞれの国によってドレスコードが異なります。

日本では、正装が基本となります。
男性の方は、スーツ、そして女性の方はフォーマルなドレスなどが基本となっています。

ハワイでの挙式は、日本とは全く違うと考えてよいでしょう。
ハワイでは、必ずしもこうでなければいけないというわけではありません。

ハワイは、ムームーや、アロハシャツなどが正装とされています。
もしも現地のスタイルに合わせるのであれば、ムームー、アロハシャツでも十分なのです。

事前に全員で服装の打ち合わせを

スマートでカジュアルな装いで良いのなら、事前に準備してもらうよう記載しておく事が大事です。

ハワイでの挙式の場合、事前に全員で服装の打ち合わせをしておくことが肝心です。
片方がアロハシャツ、それなのに片方の親がスーツだと、ちぐはぐな印象となってしまいます。

「当日の服装はどのような服装にするのか」ということを十分に話し合っておきましょう。

また、リゾート地などでは服装も混同されます。
ビーチサンダルはNGなど禁止事項の明記や、万が一の盗難や迷子に遭った時の対処法も付属して招待状に記載しておく事が望まれます。

全員で、アロハシャツでコーディネートもあり

ハワイでの挙式の場合、全員が「ムームー」または「アロハシャツ」などでコーディネートをするというのも一つの方法です。
これらのシャツはハワイで購入しても良いですし、事前に購入しても良いでしょう。

これらはハワイでは立派な正装となりますので、全く違和感はありません。
コーディネートすることで、写真でも統一感が出ますし、思い出にも残ること間違いなしです。

足元や小物で個性を出して

足元、小物などで個性を出しても良いでしょう。

アクセサリーなどをつけたり、サンダルなども花をあしらったサンダルにするなど、個性を出すという方もいます。
これも個性が出てとても素敵です。

スーツやドレスでもOK

どうしてもムームーや、アロハシャツに抵抗があるという方や、似合わないからあまり着たくない、と言う方もいらっしゃると思います。
そういった場合には、スーツやドレスなどを日本から持ち込み、そしてそれで出席するというのももちろんオーケーです。

しかし、その場合、ハワイでは、気候などが日本とは違いますので、暑くなり過ぎないように温度調節をすることが必要となります。

全員でコーディネートをしよう!

結婚式でリゾート挙式を選ぶという方も多いですが、ハワイ挙式での服装は、参加者で統一をするようにしましょう。
ムームーや、アロハシャツでコーディネートをするのももちろん大丈夫です。