MENU▼

フィンランドの結婚式の伝統やしきたり 【結婚式招待状・席次表が格安なココサブ】

フィンランドの結婚式の伝統やしきたり


結納の儀について

フィンランドでは日本のように結納の儀というのは存在しません。

しかし婚約した時にお互いの家族に顔を合わせることはします。
その時に結納金を収めたりはせずに、これからよろしくお願いしまうということでご飯を食べるだけのカジュアルなものです。

続きを読む


ノルウェーの結婚式の伝統やしきたり


結納の儀について

ノルウェーでは結婚せずに一緒に住む問カップルが非常に多いですが、婚約した時には婚約指輪を購入しカップルでペアリングとして付けます。
この時にお互いの家族同士が集まり、婚約八描回を行いますが、結納金を払うなどの儀式はありません。

続きを読む


スペインの結婚式の伝統やしきたり


結婚式にはドレス代などがかかりますが、この費用は日本とは大差はないようです。

続きを読む


オーストリアの結婚式の伝統やしきたり


結納の儀について

 オーストリアには結納の文化は無いようです。

続きを読む


イタリアの結婚式の伝統やしきたり


結納の儀について

イタリアの結納式は比較的に簡単です。男女両方がそれぞれの両親から了解を得てから、結納式を行います。双方の両親とともに一緒にレストランで食事します。その場で、男性は婚約指輪を用意して、女性の左手の薬指につけるだけです。それから、お互いに自分の親戚と友達に伝えば、婚約が成立します。結婚披露宴は後で決めればいいです。特に日本のように婚約したら、一年か近いうちかに結婚する予定をしなくていいのです。

続きを読む


ドイツの結婚式の伝統やしきたり


ドイツの結婚式

結納の儀について

ドイツでは必ず結納を行うという決まりは無く、新婦側の家族が結納を希望していなければ特に行わないとされています。
結婚式同様、あまりお金をかけないスタイルが一般的ですが、結納の変わりに結婚前に一緒に食事会を行う事は多いです。

続きを読む


ギリシャの結婚式の伝統やしきたり


ギリシャの結婚式

結納の儀について

ギリシャ人の多くはギリシャ正教会のメンバーです。
よって結婚も日本のように役所に婚姻届を提出するのではなく、教会が取り仕切るのが一般的となっています。

日本の結納に当たる両家顔合わせも教会で行い、司祭に婚姻の申し込みと、結婚式の日時を決めてもらうという儀式的な物になります。

続きを読む


イギリスの結婚式の伝統やしきたり


イギリスの結婚式

結納の儀について

 イギリスには日本の結納に当たる儀式はありません。そのかわりではありませんが、披露宴を行う前に役所に行って結婚することを公示します。イギリスには日本のような戸籍制度がなく、重婚を回避するために役所で婚姻届を書いて提出します。その後、結婚許可書を発行してもらうことになります。

続きを読む


フランス オーベルニュ地方の結婚式


フランスの結婚式

結納の儀について

日本と違い、フランスにおいて一般的に結納の儀式はありません。仲人という立場もありません。

ただ、移民の多い国なので、配偶者のバックグラウンドによっては、伝統にのっとった儀式を行うご家族もあるかもしれません。

続きを読む