ブライダルチェックって聞いたことあるような気がするけれど、いまいちなんなのかわかっていないという女性は多いです。
そこで今回は、ブライダルチェックとは何かということから、その内容や実際に行われる流れについてまで解説していきます。

ブライダルチェックは今では多くの方が当たり前のように行っています。
ぜひブライダルチェックへの理解を深めて、それを知ったうえで判断するようにしましょう。

ブライダルチェックとは?

特に最近では晩婚化が進んでいます。
そしてそれに伴って、女性の始めての出産年齢も上昇傾向にあります。

ブライダルチェックは妊娠の可否を調べるもの

平均が30歳となっています。
そのために、不妊症のリスクも大きくなっているわけです。

いわゆる一種のエチケットやマナーという考え方として、奥さんがいつでも妊娠できるかどうか、そういった状態にあることを結婚前にチェックしておくというのが、ブライダルチェックというものです。

ブライダルチェックの内容

ブライダルチェックは、主に産婦人科で行われています。
ここでは、子宮や卵巣に問題がないかどうかのチェックが行われます。
問題があるような場合には、不妊や死産のリスクがどれくらいあるのか、ということが伝えられます。

特にクラミジアなどの性病に感染していないかどうかというチェックもなされます。
性病に感染しているような場合、パートナーに影響を及ぼすだけではなくて、お腹の胎児にも悪影響を及ぼします。

障害を持ってしまったり、死産になってしまったりします。

ブライダルチェックの必要性

こういったブライダルチェックがなぜ必要なのかというと、一番は子宮や卵巣の問題、そして性病の罹患などについて、病院でのチェックなしに自分で気づくことはまずできないからです。
自覚症状があるというケースはきわめて稀なことです。

そして、自覚症状がある頃には、かなり病状が進んでいる状態であるために、そのときにはすでに妊娠が困難な状況になっているわけです。
そういったことを予防するために、ブライダルチェックが必要となっています。

ブライダルチェックをすることによって、病状が悪化する前の早期発見をすることができれば、即座に治療をして、妊娠が問題ない身体にできることも多いです。
パートナーと2人の幸せを考えたうえでも、ブライダルチェックはきわめて重要な役割を担っているということができるでしょう。

ブライダルチェックの理解が浸透

ブライダルチェックは以前は、花嫁が結婚前に自分の健康状態をそれによって示すことによって、嫁としての信頼感を得るなどといったように曲解されて浸透していました。
実際にブライダルチェックを受ける人は少なかったわけです。

しかし、今では多くの方が本来の、家族の幸せのために必要な健康のチェックを受ける、というブライダルチェックの趣旨を理解するようになっています。
そのために、ブライダルチェックを結婚前に受ける女性が年々増加しています。

ブライダルチェックの流れ

ブライダルチェックといっても、実際にどのようなことをするのか、わかっていない女性も多いです。
そこで、この項目では大まかな流れについて解説していきます。

大まかな流れ

  1. まずは問診
    初経が来た年齢や、生理の周期や生理痛などについて聞かれます。
  2. 視診によって、陰部に異常がないかをチェック
    クスコという膣を広げる鏡を使って、膣内部の異常を見ていきます。
  3. おりものを採取してそれを分析・超音波検査
  4. 最後に結果を聞いて終了

ブライダルチェックは幸せの基盤

このように、ブライダルチェックは今では非常にポピュラーなもので、当たり前の工程になっています。
ブライダルチェックをすることによって、妊娠に問題がないことがわかれば、それは幸せの基礎ができあがることでもあります。

結婚したのはいいけれど、女性の身体に問題があって妊娠できないということにならないために、ブライダルチェックはとても重要です。