MENU▼

奈良県の結婚式の伝統やしきたり 【結婚式招待状・席次表が格安なココサブ】

奈良県の結婚式の伝統やしきたり


結納の儀について

 奈良県の結納の儀の特徴の一つは、結納の際に化粧品セットやハンドバッグを送るとこが多いという点です。

続きを読む


三重県の結婚式の伝統やしきたり


三重県の結婚式

結納の儀について

三重県では、結納のさいに支度金として渡すお金は、「小袖料」または「衣服料」と呼ばれ、80万円から100万の場合が多くなっています。
「小袖料」「衣服料」の呼び名の由来は、やはり嫁入り衣装や持参する着物にお金がかかったことからでしょう。

続きを読む


滋賀県の結婚式の伝統やしきたり


滋賀県の結婚式

結納の儀について

結婚に先立ち、両家の親族をまじえて結婚の約束を取りかわす「結納」はどの地方にも存在しますが、その結納の日を決めるために、さらに「貴芽酒(きめざけ)」という儀式が存在します。

続きを読む


大阪府の結婚式の伝統やしきたり


 大阪府の結婚式

結納の儀について

大阪では結納の際に女性側から男性側へ記念品を贈るしきたりがあります。
なかでも堺地方では、女性側から男性側に受書を送る際に、その上にネクタイピンを置き、先方の持ってきた富久沙をのせて渡す習慣があります。

結納品は熨斗、寿恵広、小袖料、柳樽料、松魚料の五品が基本となっており、これに寿留女、子生婦、高砂人形、結美和等の装飾品、白生地等を添えて納める場合が多く、全部で5か7品がベースとなっています。結納金は50万-100万円が相場で、ほかの地域に比べ高めの金額といえます。

仲人への謝礼は結納金の1割程度とされています。

続きを読む


和歌山県の結婚式の伝統やしきたり


和歌山県の結婚式

結納の儀について

最近では特にこだわらずに、新郎および新婦、各々の家風で相談して、簡易にしたり、しなかったりと様々なケースがあります。

昔ながらの習わしでは、仲人と新郎の縁者が一緒に懸鯛を付けた物を角樽にを入れて持っていきます。

結納返しの風習はありません。

続きを読む


兵庫県神戸市の結婚式


兵庫県

もう結婚して20年以上たちます。

という事で私達の頃のしきたりが今でも残っているのかどうかはよく分かりません。

しかし、検索してみてもどうもそれらしいものは出てきませんでした。

ということでもう、すたれてしまったのかもしれませんが・・・。

続きを読む


北近畿(兵庫県・京都府)の結婚式


京都

兵庫県北部から、京都府北部

私の住んでいる地域は、北近畿と呼ばれる地域です。

兵庫県北部から、京都府北部が、このような名称でまとめられ、風習が似ているようです。

続きを読む