MENU▼

2人だけの海外挙式のメリット・デメリット 【結婚式招待状・席次表が格安なココサブ】

結婚式の招待状TOP > 結婚準備お役立ち情報 >  みんなの海外挙式・リゾート婚の体験談

2人だけの海外挙式のメリット・デメリット


リゾートウェディングの中でも特に海外挙式ともなると憧れている人も多いかと思います。
しかし、海外挙式には、もちろんメリットと言える事が多いものの、2人だけで行う事になるとデメリットにも覚悟が必要に…。

その為、一生に一度の大切な日だと言う事を忘れず、メッリトだけに目を向けるのではなく、デメリットにも目を向ける事が大切です。

目次

  • 2人だけの海外挙式のメリットとは?
  • 2人だけの海外挙式のデメリットとは?
  • 今後の付き合いも考えて…

続きを読む


リゾート挙式やハワイ挙式での服装とは?


結婚式の中でも、リゾート挙式はとても人気となっています。中でも、ハワイ挙式は大変人気となっており、ハワイで結婚式を挙げる方も多いようです。
しかし、ハワイでの挙式の場合、参加する方は、服装はどうしようか悩んでしまうという方も多いです。
そこで、ハワイ挙式での服装について、ご紹介したいと思います。

目次

  • 結婚式はリゾート挙式が人気!
  • 事前に全員で服装の打ち合わせを
  • 足元や小物で個性を出して

続きを読む


みんなの海外挙式・リゾートウェディング体験談


みんなのウェディング

実際に、世界各国で海外挙式を行った先輩カップルの体験談をご紹介します。
海外挙式やリゾートウェディングは憧れだけど、実際どうなの??と思っていませんか?

続きを読む


海外挙式の招待状や案内状の書き方とは?


最近の結婚式は国内のみならず、海外で挙式を挙げ、披露宴も海外で行う結婚式も人気があります。
昔はかなり費用もかかり、一般人にはなかなか手が届かなかった海外ウェディングやリゾートウェディング。
現在では、海外へのアクセスが簡単になり、安価なプランも増えたお陰で、海外挙式を行う人も増加してきました。

しかし、そこに誰かを招待する場合や、海外で挙式を挙げた後に国内で披露宴をする場合において、細やかな気遣いが必要です。
身内などの親族、親しい友人などに送る招待状や、海外挙式だからこそ、注意すべきマナーが存在します。

渡航費や宿泊費など、誰がいつ、どういう形で負担すればよいかなど、悩んだり疑問に思うゲストも多いはずです。
今回、海外ウェディングの場合に役立つ招待状の基本マナーや書き方、注意点等について、分かり易くご説明します。
海外でスムーズに挙式を挙げるためには何が必要かについて見ていきましょう。

目次

  • リゾート挙式の招待状の書き方とは?
  • ゲストの費用の負担方法を決めることが大切
  • 海外ウェディング招待状と案内状の違いとは?
  • 海外挙式後、国内での披露宴!そんな時の案内状の文面は、普通で大丈夫?

海外挙式 海外ウェディング ガーランド

リゾート挙式の招待状の書き方とは?

最近では、ハワイやグアムなど、リゾート挙式を挙げようと考えていらっしゃる方もいると思います。
結婚式の場合には、あらかじめ招待客の方に、招待状、もしくは案内状を出す必要があります。

しかし、リゾート挙式となると、どのように書けばいいのか悩んでしまいがちですよね。
そこで、リゾート挙式を挙げる際の招待状の書き方についてご紹介をしたいと思います。

海外挙式は招待状を早めに送ろう

リゾート挙式のための招待状の送り方ですが、まずはタイミングを含めて気を配ることが大切です。
リゾート挙式の場合、渡航なども必要であるため、事前に招待客へ伝えておかなければなりません。

出欠については事前に相談

海外挙式に人を呼ぶ際には、招待状を送る前に相手に「海外ウェディングに招待したい」という旨を先に伝えておきましょう。
海外挙式となると、数日間の旅行となりますので、招待客の方には、早めにスケジュールを押さえてもらう必要があります。

海外のような遠方の場合、その工程がなく招待状をいきなり送ることは失礼にあたるので、電話やメール等で必ず招待したい旨は話しておきます。

招待状の送付時期

国内の結婚式の場合、招待状の送付時期は結婚式の2か月程前が一般的です。
しかし海外の場合は、招待状は2~3ヶ月前には送付し、時間に余裕を持って貰うことが大事です。

海外での結婚式となると、国内とは異なりパスポートの申請や仕事の都合、準備していくものが多くなってきます。
飛行機や現地の宿泊先は、主催側で手配しておくようにしましょう。

また、初めての海外に行く事になる小さなお子さんや、高齢の列席者の事も十分に配慮し食事や宿泊設備、治安などについても十分に注意する事が求められます。

国内で改めて披露宴を開催する事も検討しよう

海外挙式では新郎・新婦の2人だけで行う場合は予算も削減できます。
しかし、親族や友人を招待するとなると交通費、宿泊費などの問題から当日参加する事にためらいがある列席者の方もいらっしゃるでしょう。

予算やプランを検討してもどうしても無理なら、国内で改めて披露宴を行う事も可能です。
海外と国内で2回お披露目の場を設ける事ができるというメリットもあります。

ゲストの費用の負担方法を決めることが大切

招待状を送る場合には、ゲストの費用の負担方法を決めなくてはなりません。
そうでないと、招待客は招待状だけが送られてきても、不安に思ってしまいます。

あらかじめ海外挙式が決まれば、詳細の方を電話で確認をしておくなどしておきましょう。

海外挙式の渡航費用負担の際の注意点や祝儀との密接な関係についてはこちらもお読みください。
成功の鍵を握る!海外挙式の時期やゲストの交通費

海外での結婚式の招待状では負担方法は明確に記載しよう

親族や友人にぜひ海外まで足を運んでもらってお祝いされたいと願う新郎新婦も多いと思いますが、大事な事は招待状の書き方、内容が国内とは大きく異なる点です。
まず交通費、宿泊費に関して誰が負担するかを明確に記載しましょう。

たとえば、ゲストに一部負担してもらう場合には、「旅費は各自でご負担頂きます。ご祝儀などのお心遣いはなさりませんようお願いいたします」などの文章を添えておきましょう。
付箋などを使い貼っておくのもよいでしょう。

家族のみ費用を負担することが多い

海外挙式の場合には、少人数で家族で式を挙げる方が多く、国内の友達などに関しては、費用は一部負担してもらうことが一般的です。
このため、ゲストの方には、あらかじめ費用に関することは決めておくことが必要なのです。

ゲストによっても、旅費の負担に関しては有無なども含めて異なりますので、招待状の文面には、料金で案内するという方も多いです。

宿泊先の案内や地図などが必要

国内の結婚式の招待状では出席人数の確認、アレルギーの有無が目的となります。
海外での結婚式となると交通費、宿泊費の問題や言語、文化の違いから思いがけない事態が発生してしまう事も予想されます。

海外挙式の場合には、宿泊先の案内や、結婚式会場の案内など、詳しい詳細なども含めて案内状に送る必要性があります。
挙式当日の時間割や、宿泊施設の名称や場所を地図入りで詳細にお伝えする配慮が必要です。

また当日に連絡が付きやすいように、ゲスト同士の電話番号なども案内状に入れておくとよいでしょう。

海外挙式の際には、詳しい招待状と案内状が必須

リゾート挙式の招待状や、案内状の書き方も、ゲストの方にもわかりやすい書き方をしなければなりません。
また、渡航費用に関することなども、負担してもらうのかどうかをあらかじめ決めておき、それらの案内も必要となります。

海外での結婚式は招待状を有効な情報源として活用してもらい、スムーズに進行できるように心掛けましょう。

ゲストやプランナー側と蜜に連絡を取り合って、1つでもトラブルになる事を減らしましょう。
ゲストが海外での結婚式に参加できない場合は、国内で改めて披露宴を開催するなど、しっかりとしたプランを立てて進行していく事が望まれます。

フォトプロップス・フラッグ

海外ウェディング招待状と案内状の違いとは?

結婚式の招待状を出す時マナーについて、ご説明しましょう。
海外ウェディングならではの書き方、また、国内外の結婚式に問わず知っておくと役に立つ、基本的なルールについても解説しています。

海外ウェディングの招待状の書き方とマナー

海外で挙式を行う場合、招待する人にはあらかじめ電話やメール等で、招待したいという旨を伝えておくことが必要になります。
それが出来ない相手の場合には招待状を送ります。

まず、招待状は冒頭の時候の挨拶文で始めます(「新春の候…」等)。
そして、結婚式を行う国名を文中に入れ、そのメッセージの下に改めて結婚式の日時、挙式する場所の国名や住所、会食がある場合は会食場所の住所、時間等を明記します。

招待状の終わりは新郎新婦両方の名前と、返信がいつまでに必要かを書きます。
そして、招待客のための現地までの交通費や宿泊費を負担するかどうかも、海外での挙式の場合や、招待される人にとって遠方で式を行う場合は、明記するようにしましょう。

それによって出席か欠席を決める方もいます。

主催側で費用を負担しない場合は、招待客の方で費用の負担をしてもらうよう、お願いする文章と共に、ご祝儀等の気遣いをしないで欲しいといった内容も加えることをおすすめします。

海外ウェディングの案内状の書き方とマナー

招待状を送る前に、電話等で出席確認が出来た相手に対しては案内状を出します。
案内状の書き方は、冒頭の時候の挨拶や、メッセージの後に挙式、会食の場所の住所や日時、新郎新婦の名前を添えるのは、招待状の場合と共通です。

案内状の場合、相手が出席することが分かっているため、メッセージには「ご参列いただけることを嬉しく思っています」といった文章を入れると良いでしょう。

招待状と一緒に送るもの

  • 返信はがき

招待客への負担が必然的に大きくなるのが海外挙式です。
招待客に安心して結婚式を楽しんでもらえるよう、招待状と一緒に送ると良いものをご紹介します。

まず、結婚式への出欠の返事を問う場合は、切手を貼り、返信先住所を書いた返信用葉書を同封します(出席することが既に分かっている相手なら返信はがきは省いても良いでしょう)。

  • 現地で役立つ資料

ただでさえ土地勘の無い海外なので、会場までの案内図や、そこまでの交通手段が分かるようなマップも入れておきましょう。
そして、結婚式以外にもその国を楽しんでもらえるように、現地で観光をするのに役に立つ資料のようなものも同封すると良いでしょう。

現地の旅で持っておくと便利なもの、気をつけると良いこと等も書いておくと、招待される側もスムーズに旅の準備をすることが出来ます。

安心して出席してもらえる心遣い

海外での挙式に出席することは、国内の結婚式に比べて、招待客にとって何かと負担になるものです。
現地への渡航や費用について、招待される側が不安の無いように、主催者が気遣いをすることが大切です。

挙式に安心して出席してもらうことはもちろん、現地の雰囲気も楽しんでもらえるよう、招待状に一工夫すると良いでしょう。

みんなのウェディング

海外挙式後、国内での披露宴!そんな時の案内状の文面は、普通で大丈夫?

海外挙式を行う場合、海外に全員を招待するわけにもいかない事から、海外挙式後、国内で改めて披露宴を行う人も少なくありません。
そんな時に困るのが披露宴の案内状の文面。

ネットでは、一般的な案内状の文面しか探す事ができないけれど、そんな、一般的な文面で良いのかと迷う人も多いのではないでしょうか。

国内挙式+披露宴では入れない一文を!

海外挙式を行い、国内で披露宴を行う場合の招待状においては、一文、書き加える必要があります。
その一文さえ、書き加えれば、あとは、一般の案内状と同じように日時の案内などを同じで十分です。

書き加える内容とは…。

国内で結婚式を行う場合、一般的には、教会や神前での挙式後、そのまま、披露宴を行う流れになっています。
神前の場合は、親族のみが参列する事が多くなっていますが、教会の場合は、友人や知人が参列する事も少なくありません。

その為、挙式+披露宴がセットと考え、結婚式に出席される人がほとんどかと思います。

しかし、海外挙式を行っている場合、国内で行う結婚式は、あくまでも、披露宴のみとなっています。
その為、招待客が勘違いしないように、既に挙式は済んでいると言う事を書き加えておく事が大切なのです。

差出人が新郎新婦の場合

では、実際、案内状にどのような一文を書き加えれば良いのかと言うと、あくまでも、挙式は海外で済ませていると言う事を明確にしておく事が大切になります。
新郎新婦が差出人の場合は、自分たち主体の言葉で文面を作ると良いかと思います。

新郎新婦が差出人の場合の例文

一般的な招待状として、「皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます」などと言った文面の次に「いついつ、どこどこにて、私たちは結婚式を挙げてまいりました」と言うような文面を加えます。
その上で、「この度、結婚の報告とお披露目をさせて頂きたい。」と言った文面を加え、披露宴を行う旨を伝える案内状にしていきます。

その際、出来れば、挙式を行った国にあった招待状を選ぶといいかもしれません。
そうする事で、海外挙式を行った国の雰囲気を伝える事もでき、自分らしい案内状を作成する事ができると思います。

場合によっては、挙式を行った現地で、案内状の材料を購入してきても良いかと思います。
それを利用すれば、よりオリジナルが溢れる案内状になるのではないでしょうか。

差出人が両親の場合

差出人が両親の場合でも、必ず、新郎新婦が海外挙式を済ませていると言う一文を加えておく必要があります。
その際、両親目線での一文になる為、新郎新婦が差出人の場合とは、少し異なってくる為、注意が必要です。

両親が差出人の場合の例文

初めの一言は、差出人がだれであっても、「皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます」などと言ったあいさつ文から始めます。
その後、新郎新婦が海外挙式を済ませている事を伝える文を書き加えるのですが、その際、必ず初めに新郎新婦の名前を明記する事を忘れてはいけません。

例えば、「○○の長男■■と△△の長女××は」と言った文から始め、その後、「何日にどこどこで挙式を挙げ、晴れて夫婦となりました。つきましては、ご披露させて頂きたく思い、小宴を催しさせて頂きます。」と言った感じで案内状を作成します。

必ず、挙式を済ませている事を明記すること!

海外挙式後、国内で披露宴を行う場合は、必ず案内状の文面で、海外にて挙式を済ませていると言う事を書き加えておく事が大切です。
それがなければ、招待客の中では、挙式への出席は、どうなのかと言った疑問が残ってしまいます。

そうならない為にも、国内では、披露宴のみだと言う事を明確に案内状で記しておく事が大切です。


成功の鍵を握る!海外挙式の時期やゲストの交通費


sport_topg1

リゾートで海外挙式をお考えのみなさん!時期や費用、段取りの確認は大丈夫ですか?

海外ウェディングを考えている人は、国内で結婚式を行う人と比べ、ちょっと面倒な事も多くなってきます。
その為、必ず海外挙式の時期によっての注意事項やゲストの交通費、段取りにおいては、確認が必要になってきます。

一度っきりの大切なリゾートウェディング。大成功の結婚式にする為にも、少しの手間暇を惜しんではいけません。

目次

  • 時期によって、大きく異なる海外挙式費用
  • 万全の状態で臨むための海外挙式の段取りは?
  • 誰が負担する?海外ウェディングでのゲストの交通費
  • ご祝儀と交通費の負担は密接に関係する
  • 時期によって、大きく異なる旅費

時期によって、大きく異なる海外挙式費用

国内での結婚式の場合も、時期やお日柄などによって、多少、費用が異なる場合もありますが、海外挙式ともなれば、その費用の差は大きなものになってきます。

その為、限られた予算で海外ウェディングを考えている場合、時期の見極めも大切になってくるのです。

海外挙式におすすめの時期は、いつ?

海外挙式の場合、挙式費用と言うよりも、渡航費を重視しなければいけません。
もし、家族や友人も招待し、一緒にリゾートウェディングを満喫するのならば尚更です。

そして、そんな気になる渡航費において、ねらい目になるのが、ゴールデンウイークが終わった6月頃!
日本でもジューンブライドと言って、結婚式が人気のこの季節。

そんな人気な季節でも、ゴールデンウイーク明けで、旅行客が減少すると言う事で、お得にリゾートウェディングを行う事が可能になってくるのです。

もちろん、渡航先の季節も考えて、時期を考えるコトも大切です。
せっかく、海外で行うリゾートウェディングなので、ベストシーズンで行うと言う事も魅力の一つかと思います。

フォトプロップス・フラッグ

万全の状態で臨むための海外挙式の段取りは?

国内、海外に関係なく、少なからず必要になってくるのが海外挙式の段取りです。
海外挙式の場合、国内挙式に比べ、招待客が少ない人が大半かと思います。

その為、招待客に関する段取りは、さほど、必要ないかと思いますが、それでも、ドレスの打ち合わせなどいくつかの段取りは必要になってきます。

ほとんどの段取りが国内でOK!

海外でのリゾートウェディングと言っても、ほどんどの場合、国内のお店で依頼する流れになっています。
その為、挙式に関する段取りもすべて、出発前に国内で行う事が可能です。

大まかな挙式の流れやドレスの試着など全て済ませて現地に行く事ができる為、安心です。

もちろん、日本人スタッフでの対応になる為、言葉の心配なども一切必要ありません。

海外挙式を成功させるためには、国内での段取りが大切!

海外挙式を成功させるためには、国内での下準備がとても、大切になってきます。
少しでも費用を抑えたい場合は、どの時期が良いのか?

また、その国のリゾートウェディングに最適の時期は、いつなのか?などもしっかりと調べておく事が大切です。

その上で、段取りは、国内で出来る事は国内で済ませておき、万全の状態で海外挙式に臨む事が大切になってくると言えるのです。

みんなのウェディング

誰が負担する?海外ウェディングでのゲストの交通費

海外挙式や海外ウェデイングはとても思い出深いものになりますし、新婚旅行も一緒に済ませることができ、一石二鳥でメリットが大きいともいえます。

しかし問題となるのは、新郎新婦である自分たちではなく、海外まで来てもらうことになるゲストの旅費やご祝儀です。
それにもマナーがありますので正しく知ることが重要となります。

海外にゲストを呼ぶ場合の旅費の負担は?

海外での結婚式には交通費、宿泊費の問題があります。

海外にゲストを招く場合には、ゲスト一人一人に対して必ず飛行機の費用や宿泊のホテル代と言ったものが発生することになります。
その為、大勢呼べばそれだけ豪勢な海外挙式が挙げられることにはなりますが、その分発生する費用も大きくなってしまいます。

海外挙式を挙げる場合にはどうしても現地までの交通費が大きな負担になりますが、これをどちらが負担するのかを決めるにはどのようにすればトラブルなく決めることが出来るのでしょうか。

3通りの負担方法がある

基本的にはこの旅費やホテル代の負担に関しては3通りの方法があります。

  1. 招待した新郎新婦が負担するケース
  2. 呼ばれたゲストが負担するケース
  3. 旅費やホテル代を新郎新婦とゲストが折半するケース
ほとんどの場合、招待客の全額負担

データによると、海外ウェディングに参加する親族の約半数が全額自己負担で挙式に参加しています。
残りの半数は、新郎新婦で一部負担が次に多く、新郎新婦が全額負担と言う場合は、少数になっているようです。

とは言っても、データがすべてではありません。
海外ウェディングを行う際、親族などを招待するときは、旅費の負担をどうするべきなのか、両親の意見も参考にし、決めていく事が大切になってきます。

海外挙式に招待する人数によっても違う

大人数の場合は、交通費を各々で負担してもらうと言うのが通例となっています。

ごく親しい親族だけで行う場合には、交通費の負担は新郎新婦が負担することが多いです。
友人や知人を招いて少数で行う場合に関しては、交通費を折半することが多いと言えます。

その為、招待する人数によって費用負担を変えるの方法となります。

海外挙式の渡航費用負担の際の注意点

国内で結婚式を行う場合、交通費の心配は、遠方の招待客のみで大丈夫かと思います。
しかし、リゾートウェディングの場合、すべての人が遠方。

しかも、その交通費は、莫大な金額になってきます。
その為、海外挙式に誰かを招待する場合は、招待する際に必ず旅費に関しての説明を行う事が大切です。

プロフィール項目02

ご祝儀と交通費の負担は密接に関係する

海外ウェディングを挙げる場合の祝儀に関しては、国内で結婚式を挙げるのとは異なり、交通費の負担と密接に関係してくることになります。

基本的には、新郎新婦側で交通費を負担した場合には、祝儀は通常通り貰っても問題ないと言えます。

しかし、逆にゲストが自腹を切って交通費を全額負担してもらった場合は、祝儀に関しては辞退するのが一般的なマナーとなりますので覚えておきましょう。
これは交通費を負担してもらった上に祝儀まで出してもらうことになると、ゲストの負担がかなり重いものになるためです。

もちろん、中には祝儀を辞退することで気分を損ねてしまう場合もあります。
事前に交通費を負担してもらう場合は、祝儀の辞退を伝えておくことが重要となります。

交通費を折半、一部を新郎新婦が負担する場合には、祝儀は受け取っても問題ありません。

祝儀に関しては必ず事前連絡を

交通費を負担してもらう場合にはその旨を必ず事前に伝えておかなければいけません。
これは、ゲストに対する心遣いにも繋がるものです。

交通費も祝儀も出さなければいけないと考えると、なかなか出席し辛いと考えるゲストも出てきます。
なので、交通費負担をしてもらう場合は祝儀不要ということを伝えることで、ゲストの精神的負担を取り除くことが出来ます。

海外ウェディングの場合、パスポートの作成や宿泊費の負担も強いることになりますので、その点も考慮する必要があります。

海外挙式にかかる交通費の金額を伝えましょう

海外挙式を行う場合には招待するゲストに対し交通費がどれくらい必要なのかを伝えておく必要があります。

これは、新郎新婦が交通費を全額負担する場合は伝えなくても良いですが、ゲストが全額負担、もしくは折半や一部負担になる場合は正確な金額を伝える必要があります。

そうしないと、交通費がどれくらいかかるか分からないまま出席することになるので、余計なトラブルを生む原因にもなります。

一部負担の場合や折半の場合は割合に注意

ゲストの交通費を新郎新婦側が一部負担、もしくは折半する場合には注意が必要となります。

折半の場合は半々での負担となるので分かりやすいですが、一部負担となると、どの割合で負担をするのか、どれくらいをゲストに負担してもらうのかでトラブルになる場合もあります。

負担の割合によっては、祝儀を貰うか貰わないかにも関係してきます。
その為、一部負担の場合は特にトラブルにならないように気を配る必要があります。

海外挙式の交通費や祝儀のマナーを正しく理解しましょう

海外挙式や海外ウェディングを行う場合は、その際の祝儀や交通費に関するマナーをしっかりと理解する必要があります。

やはり国内とは全く異なる状況での海外挙式となりますので、その点も考慮したうえで参列してもらう必要があります。
負担費用に関しても、海外挙式の場合は国内の結婚式とは異なることを新郎新婦もゲストも分かった上での結婚式が望ましいと言えます。


ガーデンウェディングにおすすめの結婚式場とは


結婚式を行う場合、やはり記憶に残る素晴らしいものを行いたいと考えるのは当然のことだと言えます。
通常の結婚式ではありきたりだと言う人にオススメなのがガーデンウェディングです。

開放的な空間での結婚式は記憶にも残ります。
通常の結婚式場での結婚式では味わえない満足感を得ることも出来ます。
ガーデンウェディングを行う場合におすすめな結婚式場とはどのようなものなのでしょうか?

続きを読む


海外挙式後の国内披露宴!招待状のデザインは?


海外挙式、海外ウェディングを考えているという方も多いのではないでしょうか。
そこで、海外挙式後、国内披露宴を行う場合の、招待状のデザインの選び方についてご紹介をしたいと思います。

続きを読む


海外で挙式を挙げる場合のチャペルの選び方とは?


海外挙式や、海外ウェディングは花嫁にとっては憧れだと言えます。
一生の記念に残る挙式を考えた場合にはやはり国内よりも、非日常を感じることが出来る海外のほうが、より思い出深い挙式になることは言うまでもありません。
そのため挙式を挙げるチャペル選びなども重要になりますので、押さえておくべきポイントを知る必要があります。

続きを読む


憧れの海外ウェディング!おすすめの国はどこ?


一生に一度の結婚式…せっかくなら最高のロケーションで結婚式を挙げたいと思うと、やはりおすすめは海外ウェディングです。
また、披露宴は日本で海外挙式だけ利用するカップルも多いようです。
では、海外ウェディングで人気の国は?そして、おすすめの海外ウェディング、海外挙式を選び方のコツを紹介します。

続きを読む


リゾート挙式ビーチウェディングと教会どちら?


海外で挙式を挙げる人の数は年々増加傾向にあり、特にハワイやグアムなどでのリゾート挙式は人気が高く利用者も多い挙式スタイルとなっています。
その場合、ビーチウェディングという方法と教会を使用して挙式を挙げる方法の二つがありますが、果たしてどちらのほうがおススメのリゾート挙式と言えるのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリット考えてみましょう。

ビーチウェディングのメリットとデメリット

ハワイやグアムで行われるリゾート挙式は挙式と新婚旅行の両方を一度に行うことが出来るため非常に人気の高い挙式スタイルとなっています。
その中でもビーチウェディングに関しては海外という非日常の中、青空と広大な海をバックに挙式を挙げることが出来るため、日本で行う挙式とは全く異なる体験をすることが出来ます。

ビーチで挙式を挙げるためどちらかといえばカジュアルな挙式スタイルと言えますし、開放感がある挙式スタイルとなりますので、堅苦しい感じではなく気持ち的にも挙式を楽しみながら式を挙げることが出来るというメリットがあります。

費用的にも国内で式場を借りて行うよりも大幅に安価に済みますし、夜にビーチウェディングを行なった場合には昼間とはまた違った雰囲気で挙式を挙げることが出来ますので、雰囲気と開放感を考えた場合にはビーチウェディングは非常にメリットが大きいと言えます。

ビーチウェディングのデメリット

開放感や非日常的な雰囲気が人気のビーチウェディングですが、もちろんデメリットもあります。
それは挙式当日の天候により挙式が大きく左右されてしまうと言うことです。

ハワイやグアムでのビーチウェディングの場合、毎日が快晴というわけではないため運が悪ければ挙式当日が雨や台風に見舞われると言うことも考えられます。
時には暑さが尋常ではないと言った問題も浮上することがありますので、ビーチウェディングの場合はどうしても天候に左右されやすく、天候ですので人の力ではどうしようもないというデメリットがあります。

リゾート挙式で教会を利用するメリットとデメリット

リゾート挙式で人気なのはビーチウェディングだけではなく教会を利用した挙式も非常に人気が高い挙式スタイルです。
ハワイやグアムには様々な協会がありますし、やはり日本とは違い協会での挙式が当たり前の国ですので、協会自体の作りも雰囲気も国内のものとは一味違うものとなっています。

神父に関しても本物の神父がいますし、協会で挙式を挙げるというその行為自体が非常に思い出に残り心に響くものとなります。
ビーチウェディングとは違い厳かな雰囲気の中家族や知人に見守られながら挙げる挙式は何物にも代えがたい経験となりますので、海外の教会で挙式を挙げると言うこと自体がとても意味のある物となります。

教会を利用する場合のデメリットとは?

ハワイやグアムでリゾート挙式を行う時に教会を使用する場合、非常に大きなデメリットもあります。
それが教会を直に確認することが出来ないと言うことです。

国内の教会の場合は自分の目で教会を確認することが可能ですが、ハワイやグアムの場合にはパンフレットやweb等を利用して写真や動画でのみ教会を確認することになります。

その為実際に行って見れるのは挙式の前日や当日になりますので、パンフレットなどで見たのと印象が異なるということも起きる可能性があります。

ビーチウェディングと教会、どちらがおススメ?

リゾート挙式を行う場合には教会を利用するにしろ、ビーチウェディングを行うしろ、必ずハワイやグアムに行く必要があります。
その為行くこと自体は両親を挙式ついでに旅行に連れて行くといったことにも繋がるため、とてもメリットがあることだと言えます。

あとは挙式を挙げる本人が気楽な感じで挙式を挙げたいのか、それとも教会の本場ともいえる海外でのチャペルウェディングを行ないたいのかの気持ち次第でおススメ出来るのがどちらになるのかが異なってきます。
その為どちらが優れていると言うことは無く、自分の行いたい挙式がどちらのスタイルなのかで決めると良いでしょう。

教会で挙式、パーティはビーチという選択肢も

もし協会もビーチも捨てがたいと言う場合には、挙式は教会で挙げて、その後のパーティをビーチで行うと言う選択肢もあります。
この場合教会とビーチの良い所をどちらもチョイスできますので、満足のいく挙式と披露宴を行なえるのではないでしょうか。

もちろん費用的には両方の費用が必要になりますが、人生最大のイベントだと考えれば両方を利用するのも悪くない選択です。

リゾート挙式は良く考えて行いましょう

ハワイやグアムで行うリゾート挙式は現地に行かないとその場の状況が分からないという問題もあります。

その為ビーチウェディングを行う場合でも教会で挙式を挙げる場合でも良く考えて選ぶ必要がありますし、参加者の負担なども考慮して挙式のスタイルを選ぶことも重要になってくるでしょう。
特に天候には注意をする必要があります。


結婚式の招待状TOP > 結婚準備お役立ち情報 >  みんなの海外挙式・リゾート婚の体験談