MENU▼

海外挙式での招待状や席次表の必要性 【結婚式招待状・席次表が格安なココサブ】

海外挙式での招待状や席次表の必要性


海外挙式や海外ウェディング様々なリゾート地で結婚式を行う場合、事前に準備しなければいけないものは、日本国内で結婚式を行う場合と同じで良いのでしょうか?

例えば、招待状や席次表など形式ばったものを準備する必要があるのか?また、もし、準備する場合は、どのような事に気を付け、招待状や席次表を準備すれば良いのでしょう?

招待状の必要性について

まず、招待状と言うものは、結婚式に招待する人に向けて、日程などの日取りをお知らせするものになります。
その上で、食事などの準備のために出欠の返事を頂く為のものになっています。

招待状は招待するメンバーによって考える

国内で結婚式を行う場合は、身内などの親戚の他、友人や会社関係の人など多くの人を招待する人も多いかと思います。
その為、それら、すべての招待客の出欠を把握するためにも、招待状が必要になってきます。

一方、海外挙式や海外ウェディングの場合は、どうでしょう?
多くの人の場合、両親や親戚、また、本当に親しい知人、友人の数名のみ招待する事が多いのではないでしょうか。

旅費の負担について

海外挙式や海外ウェディングの場合、そこに行くまでの旅費も必要になってきます。
その為、国内で行う結婚式のように多くの人を招待すると言う事は難しくなってきます。
もちろん、旅費の負担は必ず、新郎新婦が負担しなければいけないと言う決まりはありません。

とは言っても、多くの場合、最低でも多少の負担、また全額負担で招待する事になる為、多くの人を招待すると言った事はありません。

その場合、招待状の必要性について考えると国内で行う一般的な結婚式に比べ、必要性は低くなるかと思います。
両親の場合、招待状を出さなくても、出席の確認は、もちろん可能です。

また、親戚においても、海外挙式や海外ウェディングと言う事もあり、日程など詳しい内容をできれば、直接会って説明するほうが良いかも知れません。
知人、友人に対しても同じ事が言えます。
その為、招待状を作成するのではなく、直接会って、招待すると良いかと思います。

席次表の必要性について

一言で、海外挙式や海外ウェディングと言っても、その規模や食事スタイルが事なってきます。その為、それらに合わせ、席次表の必要性を考える事が大切です。

立食形式なのか着席形式なのか?

席次表とは、自分がどこに座れば良いのかを示す案内状の役割も示しています。
その点から考えた場合、披露宴の際、どのような食事スタイルで食事を摂ってもらうのかで必要性の有無が変わってくるかと思います。

海外挙式や海外ウェディングの場合、立食形式も多く、その場合は席次表など必要ありません。
また、例え着席形式だったとしても、身内のみで小規模の場合は、準備しなくても、大丈夫かと思います。

しかし、こだわりのある結婚式にしたい、手作りで感謝の気持ちを表したい場合などに、席次表や席札があると華やかな印象になるでしょう。

海外挙式や海外ウェディングにおいて、招待状や席次表を作成する場合

例え、新郎新婦が招待状や席次表を不要と思っていても、ご両親の希望で作成する事になる場合もあるかと思います。
その場合は、国内で行う結婚式とは違った注意事項があります。

海外挙式や海外ウェディングのあったものを作成する

まず招待状においては、必ず招待状の中に旅費や宿泊費などの件について明確に明記する必要があります。
どちらが負担するのか?また、ホテルなどの手配は、どうするのか?など出来るだけ詳しく明記する事をおすすめします。

また、席次表においては、ウェディング場所にあったものを作成する事で、雰囲気を壊すことなく、素敵な席次表を作る事ができるかと思います。

海外挙式や海外ウェディングの場合、招待状や席次表は両親に相談を

海外挙式や海外ウェディングなどといったリゾートウェディングを行う際、基本的には、招待状や席次表はなくても差し支えありません。
とは言っても、ご両親の中には、形式が気になる人も少なくありません。

新郎新婦だけで勝手に決めるのではなく、一度、ご両親に相談される事をおすすめします。
その上で、必要性を考えても、遅くないかと思います。


郵便局のオリジナル切手で手作り感あふれる招待状


結婚式の招待状を受け取ったときに最初はどんな封筒で送られてきたのかを確認します。
その時に、今まで見たことのないような切手が貼られていたら、きっと招待状を受け取るほうもビックリするに違いありません。

今は郵便局で個性あふれる切手を注文する事ができます。
写真を登録するだけでオリジナルの切手を作ることが出来ますので、二人のお気に入りの切手を作って招待状に貼りましょう。

オリジナル切手のメリットとは?

オリジナル切手を結婚式の招待状に貼るメリットは、その招待状が個性あふれるものになることです。
招待状をいくら個性的なものにしても、市販の切手を貼ってしまうならデザインの統一感がなくなってしまう場合があります。

また、結婚式の招待状という華やかなものにそぐわなくなってしまいます。

二人のお気に入りの写真を使うことが出来る

郵便局でオリジナルの切手を作るなら、同じ色のトーン、デザインで合わせることが出来ます。
また二人のお気に入りの写真を使うことが出来るでしょう。

招待状を受け取った人は、結婚する二人の姿をイメージしやすくなるでしょう。
そして結婚式の日を楽しみにしてくれるでしょう。

どうやってオリジナル切手を作ることが出来るの?

オリジナル切手は日本郵便のホームページから作ることが出来ます。
一度も郵便局に出向くことなく、ホームページ上で手続きを完了させる事ができるので、結婚式を前にしていて忙しいカップルにもおすすめです。

オリジナル切手の注文方法

  1. 郵便局のホームページ上でサンプルを確認
  2. 切手の枠のデザインを決定
  3. 印刷して欲しい写真をアップロード
  4. 出来上がりのイメージを確認
  5. 支払いの手続きがあり完了
    約三週間後には郵送されてきます。

2人でよく話し合いながら、枠のデザインや、写真を決めていけば結婚式への想いも高める事ができますし、良いコミニュケーションのチャンスともなるでしょう。

オリジナル切手の価格は?

オリジナルの切手を作るときに「お値段は高いんじゃないの?」と思うかもしれません。
確かに、世界に一つだけのデザインで作ることが出来るこだわりの切手です。
市販の切手を買うよりは少し高くなりますが、実はそれほど高くありません。

オリジナル切手の価格

  • 82円切手×20枚セット 2,050円

普通の切手の価格

  • 82円切手×20枚 1,640円

差額

  • 20枚 +410円

オリジナル切手と、普通の郵便局で販売されている切手の価格は、20枚で410円しか変わらないという事が分かります。

1枚平均にするとたったの20円です。
このくらいの値段でしたら、オリジナル切手にしてもそれほどコストはかからずに出来るという事が分かります。

2人の人となりが伝わる写真を活用して

結婚式の招待状を上手にアレンジするのにオリジナル切手はおすすめです。
日本郵便のホームページ上で手続きをすることが出来るので、手軽ですし、価格も思っているよりも安いです。

郵便局でオリジナル切手を作れることを知らない人はまだ多いです。
結婚式の招待状にオリジナルの切手を貼るならとても驚かれる事でしょう。
オリジナルのデザインは、2人の人となりが伝わるものや、2人の写っている写真を使うとなお、喜ばれます。


結婚式の招待状をオシャレなイラストで返信


あなたは結婚式に招待されたことがありますか?人生の晴れ舞台へ招待してもらえるととても嬉しいですし、幸せになってもらいたいという気持ちになりますよね。

結婚式への招待状も、ただの出欠のお返事ではあなたの喜びが伝わってきません。
受け取った相手に、あなたのおめでとうという祝福の気持ちを伝えたくはありませんか?素敵な出欠の書き方をお教えします。

続きを読む


結婚式招待状夫婦片方だけ出席の返信方法


結婚式に招待をされ、招待状が送られてくることもあると思います。
夫婦で出席したいけれど、場合によっては片方出席しかできないこともあるでしょう。
その場合、返信はどうすればいいのでしょうか。

そこで、夫婦の片方だけが出席することができる場合の返信方法について、詳しくご紹介をしたいと思います。参考にしてみてくださいね。

続きを読む


結婚式にオススメ!ハトメパンチでアレンジした招待状


結婚式の招待状作りで悩んでいる方におすすめなのが、ハトメパンチでアレンジをした招待状です。
ハトメパンチを使うことで、とてもオシャレな仕上がりになりますし、また招待状もとてもきれいに仕上がります。

3枚重ねの招待状など、ハトメパンチを使うことで、招待状に少し変わったアレンジをすることができるのがおすすめです。

続きを読む


結婚式招待状を格上げするグリーティング切手


郵便局の夏のグリーティング切手、知っていますか?夏のプレ花嫁さまににおすすめの、素敵な切手についてご紹介します。

この夏に結婚式を控えて、ワクワクドキドキ・・・!隅々まで気を使い、彼とたくさん相談して決めた式場、素敵なドレス、ウキウキのハネムーン!
こだわりの結婚式なら、ぜひ招待状にもこだわって!細部まで可愛く仕上げましょう。

続きを読む


結婚式招待状に郵便局の風景印を押して貰おう


結婚式の招待状には隅々にまでこだわりたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、郵便局の風景印を押してもらい、オリジナリティを出してみるというのがオススメの方法なんです。
その郵便局ならではの風景印を押してもらうことで、こだわった招待状を作ることができるうえ、貰った人に喜んでもらうことができるのです。

続きを読む


二次会の招待状の送り方と披露宴招待状の違い


結婚式は人生の中でも最大のイベントと言っても過言ではないものですが、披露宴に呼ぶ参列者と二次会に呼ぶ参列者はその選び方が大きく異なります。

二次会への招待状送付に関しては、披露宴とは分けて考える必要があります。
披露宴の招待状と二次会の腸退場の違い、二次会の招待状の送り方などを考えてみましょう。

続きを読む


結婚式の招待状に使用するフォントについて


結婚式の招待状を出す場合、さまざまなことに考慮しなければなりません。
その一つがフォントとなります。

結婚式の招待状においての宛名は、基本的に毛筆での手書きとなることが多いですが、その他の印刷物は、招待状の雰囲気や、またはスタイルなどに合わせて、フォントを選ぶことが大切です。

結婚式の招待状のフォント

結婚式の招待状というものは、宛名を毛筆で書きます。
その他の部分などは、ふさわしいフォントまたは、書体を選んで印刷するというのが一般的となります。

書式によって、さまざまな雰囲気を演出することができるので、自分たちの結婚式のスタイル、フォーマル度によって、フォントを使い分けるということが必要となります。

書体の選び方

招待状の書体の選び方ですが、自分たちの結婚式のスタイルなどに合わせて考えるとよいでしょう。
書体といっても、さまざまなものがあります。

たとえば、毛筆風、行書体、楷書体、ゴシック体、教科書体など、さまざまなフォントがあります。
好みや、スタイルなどに合わせて選んでみるのがおすすめです。

招待状の宛名の書き方について

招待状で重要とされているのが、宛名の書き方です。
せっかくフォントを選んだとしても、宛名がイマイチであれば、雰囲気が壊れてしまいます。

堂々と大きく書くことが大事

宛名は、中央に大きく堂々と書くことが大切です。
たとえば、書体も手書き文字に近いような、楷書体を選ぶとよいでしょう。
または、一般的とされている、明朝タイもお勧めです。

住所を書くときにも注意事項があります。
まず、2行目は、1行目よりも小さくし、そして一文字下げて書くと、綺麗に収まることが多いです。
横長の封筒の場合は、切手は右上にして、文字と柄などの向きを合わせましょう。

フォーマルな印象にしたい場合

フォーマルな印象にしたい場合のフォントでは、楷書体がおすすめです。
楷書体というのは、案内状に用いられる中でも一般的な書体となっています。

縦書きに向いた書体なら、上品な雰囲気を出せますし、さらには、フォーマルな印象などを演出することができます。

カジュアルな雰囲気にしたい場合

カジュアルな雰囲気にしたいという場合には、ゴシック体がお勧めです。
ゴシック体は、カジュアルな雰囲気で、適度にフレンドリーな雰囲気を醸し出すことができます。

また、最近では、手書き風フォントもあります。
こちらの手書き風の場合、柔らかくやさしい雰囲気があるので、二次会などの場合にもおすすめです。

最近では、英字フォントもあります。
英字フォントの場合、おしゃれな雰囲気を出すことができます。
さらに、ポップなデザインの招待状に人気となっています。

結婚式の招待状は雰囲気でフォントを選ぶことが大切

結婚式の招待状では、雰囲気でフォントを選ぶということが大切となります。
たとえば、フォーマルな雰囲気にしたいのか、カジュアルな雰囲気にしたいのかで、フォント選びをすることが大切です。

最近では、手書き風のフォントなどもあり、柔らかいイメージのものもあります。

自分たちの結婚式のスタイルによって、使い分けましょう。


結婚式の招待状が少数の場合はどうしたら良い?


結婚式の招待状が少数の場合はどうしたらいい?

結婚式を執り行う場合、参列してもらう人への招待状を作成し送付する必要があります。
通常であれば結婚式を挙げる式場と話し合って招待状を作成することが多いのですが、近年では少数で結婚式を執り行う人も増えてきており、式場自体使用しないという場合もあります。

続きを読む