MENU▼

マタニティウェディングを迎えるあなたに 【結婚式招待状・席次表が格安なココサブ】

マタニティウェディングを迎えるあなたに


赤ちゃんに見守られながら一生の愛を誓う。
最近ではあまりめずらしくないマタニティウェディング。
もしあなたがマタニティウェディングを迎えるのなら、ぜひ知っておいてほしい準備のポイントをおさえておきましょう。

目次
結婚式の日取りについて
妊婦でも素敵なマタニティードレスの選び方
結婚式のペーパーアイテムもネットを活用

続きを読む


結納や顔合わせ会の流れや挨拶例


結婚式の前に行う結納の儀や、顔合わせ会。
結納にはどんな意味があるの?どんな流れで行うの?結納金はいくらくらいかかるの?など、分からない事だらけですよね。

そこで、結納について詳しくまとめてみました。
結納と顔合わせ会の違いや、挨拶例など、詳しく見ていきましょう。

目次

  • 結婚に結納は必要?メリットデメリットについて
  • 結婚式の前に行なっておきたい、結納と顔合わせ会
  • 姑さんも喜ぶ!結納の儀のご挨拶例
  • 目録・結納品の意味

結婚式結納の儀

続きを読む


ブライズメイドを結婚式でやってみたい!


海外ドラマの結婚式のシーンで、お揃いのドレスを着用した友人達が、花嫁のドレスの裾を持って一緒にバージンロードを歩くシーンなどを見たことありませんか?

女性なら、自分の結婚式でもあんな風な結婚式をしてみたいと、憧れる人もいるのではないでしょうか。
今回は、ブライズメイドについてご案内しますので、参考にしてみて下さい。

ブライズメイドって何?

ブライズメイドとは、欧州で行われている一般的な習慣の一つです。
花嫁に先立ってバージンロードを入場したり、花嫁の身の回りのお世話をする花嫁の介添人や、立会人のことを言います。

花婿の立会人には、グルームズマンとかアッシャーと言います。

ブライズメイドの由来

幸せをねたむ悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが、花嫁の衣装に似た衣装を着用し、悪魔の目を惑わせるためとされています。
そのため、ブライズメイドは花嫁の友人や親族よりも、未婚の女性を2人~5人選び、お揃いの衣装を着用することが基本とされています。

海外のブライズメイドは、6人~7人くらいが平均だそうです。
ブライズメイドの本来の役割は、花嫁のドレス選びから始まり、結婚式の準備全般や、花嫁の精神面をサポートすることです。

ブライダルシャワーという花嫁を祝福するパーティーの企画なども行います。

日本でも似たような

日本では、プランナーさんが全部やってくれますが、海外ではプランナーさんがいません。
全部、花嫁・花婿任せなので、女中さんみたいな感じで、様々な雑用を花嫁と一緒にやってくれるのが、ブライズメイドです。
花嫁と一緒にドレスを見に行ったり、ブーケを選んだり、テーマカラーをどうするかなどを行います。

日本では、結婚式場のスタッフがフルサポートしますので、欧州のようにそのまま取り入れる必要はありません。
日本でも、披露宴の受付や、挙式のお手伝い、二次会の企画など、様々なシーンで新郎新婦の友人がサポートしていますよね。

ですが、ブライズメイドや、グルームズマンを立てることで、挙式や披露宴が華やかになることはもちろんですが、フィッティングや挙式前の準備段階を親しい友人同士で共有しあうことができ、一緒に結婚式を作り上げていくことで、より絆が深まります。

グルームズマンは何をするの?

海外でのグルームズマンは、特にやることがなくて、唯一、花婿の独身最後の夜に、バチェラー・パーティーを企画する係を務めます。

それから、結婚式当日に、グルームズマンがバージンロードを準備する役を務めますが、真っ赤なアイルランナーをさぁーっと広げるシーンは、カッコいい見せ場となります。

ブライズメイドやってみたくなったでしょ♪

ブライズメイドを頼みたいけど、お揃いの衣装を揃えるは大変そうだから無理!と、思っていませんか。
最近の結婚式場では、ブライズメイドとグルームズマン用の衣装を貸し出しているところが増えてきています。

昔は、花嫁の引き立て役として、ダサめのドレスを着るのが定番だったそうですが、今はお洒落で可愛いドレスが主流になってきています。


結婚で名字の変更手続きを忘れずに


長年、交際してした相手と数年の時を重ねて、やっとゴールインできました。
これから楽しく熱々の新婚時代が訪れるのですが、自分の名字と変更することになります。

慣れ親しんできた名字がパートナーの名字に変わること自体、嬉しいことでしょう。
しかし、手続きをし忘れてしまいそうなこともあり得るので、手続きで忘れそうなことについては、事前にチェックをしておくことが大事になってきます。

結婚後に行うこと

結婚してからすぐに行くのは、役所です。
婚姻届を提出することですが、この時に名字を変更するかどうかも決めることになります。

最近は夫婦別姓も認められるようになりましたが、まだまだご主人の名字に変更手続きをされる方が一般的なのでしょう。
これで晴れて、2人は立派な夫婦の仲間入りとなりました。

忘れていはいませんか?他の変更手続き。

婚姻届けを提出して、ホッとしたのも束の間。
他にも、名字の変更手続きをしなくてはならない項目が自分では、気づかないことが結構あるものです。

名字で変更しなくてはならないものって?

自分が思いつく以上に変更すべき項目があることでしょう。

まずは、運転免許証。
住所変更も必要ですが、もし婚姻後届けと住所変更がすぐにできるのであれば、それに併せて、ずくに運転免許証の変更手続きもしておくと良いでしょう。
免許証の変更手続きは、最寄りの警察署でもできることが多いので、役所での手続きを済ませた後、住民票の写しを発行してもらい、警察署で住所と名字の変更をしておくと忘れることがありません。

他に思い浮かべるのは、銀行口座の名義変更、口座引落の変更等でしょう。
また、自分に国家資格を持っている人も、名字変更をしておくと、後々、楽になります。
あまりないことですが、万が一、キャッシュカードを紛失したり盗難にあって再発行をお願いする場合は、名義変更を済ませておかないと、手続きが面倒な場合がありますので、結婚後すぐに変更しておいた方が良いと思われます。

また、健康保険、年金等も変更が必要になってくることでしょう。
もし、自動車を保有している時には、その名義も変更することが必要です。
特に車の場合は、損害保険も加入されていますから、その変更まで踏み込むことが必要です。

このように考えると、単なる婚姻届けだけで、終わる話ではないことが分かってきます。

変更すべき項目のチェックリストを作ろう

どれだけの変更項目があるのか、人によって大きく変わっていきます。
思い出せないことも結構あるかもしれません。

婚姻届を提出した後に、できるだけ即、苗字の変更手続きを終わらせるために、チェックリストを作っておくことをおすすめします。
そうなると、抜け漏れかかなり防げるはずです。

結婚前にやっておかなければならないことが、山ほどあると思いますが、その中でリストを作っておくと、後から慌てずに坦々と変更手続きをしていけば良いのですから。

意外と忘れがちな変更手続きとは?

その中でも、ふと忘れてしまいそうなのが、クレジットカードやスマートフォンの名義変更かもしれません。
クレジットカードは銀行口座と同じように、キャッシュカードと同じくらい使う人であれば、変更手続きも忘れずに行える感じがするのですが、カードを何枚も作っている人ならば、その当たりが抜けてしまうケースも少なくありません。

自分が何枚カードを持っているのかも含めて、事前にチェックリストに入れておくと無難です。

また、身近に使うスマホもそうです。
利用料の引き落し口座の変更と併せて、手続きを済ませておきましょう。

チェックリストを作って抜け漏れ防止

結婚すると、新婚気分に浸ってしまうことは、仕方ないことです。
でも、名字の変更手続きを忘れずに済ませておく項目が抜けていると、後からどんなに面倒なことになるのか、現実的なことも考えてんおかねばなりません。

何事にも言えることですが、忘れ防止のためには、チェックリストを整理しておいて、1つ1つ変更手続きを確認していくことが大事です。


夫婦別姓のメリット・デメリットについて


2015年の12月の中旬に、最高裁判所で民法の規定で、夫婦の姓が婚姻をする時に、夫又は妻の姓どちらかを選んで、夫婦は一緒の姓であるということは、憲法違反ではないかという訴訟がありました。
最高裁判所では、10対5で民法の規定は、違反するものではないという判決が出ています。

海外の夫婦のように、夫婦別姓で名乗りたいという人もいるようですが、どちらがいいのかよく考える必要があるようです。
夫婦別姓にするメリット・デメリットについて色々調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

夫婦別姓メリット

通帳、ポスポート住民票など各種手続きを変更せずに、そのまま使用することができるというメリットがあります。
仕事では、IDカードや名刺を作り直す必要もありません。

特に、変わった苗字で覚えてもらいやすかったり、愛着のある苗字だと変えたくないですよね。
仕事で、結婚したからといって挨拶をしたり、説明をしたりする手間も省けます。

それから、プライベートを一々公にしたくない人は、夫婦別姓にすることでプライバシーを守ることが出来ます。
また、離婚をしても元々夫婦別姓にしているので、周囲に知られずにすむというメリットもあります。

夫婦別姓デメリット

誰が、どこの家に属しているのか家の領域を明確に区切っていく、これが日本人の家族に対する考え方です。
だから、夫婦同姓なんです。

夫婦別姓は、伝統を破壊してしまうことにもなります。
人は、社会の一員である前に、家族である訳ですから、生まれてきた子供が、お父さんとお母さんの姓が違うと、自分はどっちの人間のか、アイデンティティが揺れてしまう恐れがあります。

同じ家族内で、姓が違うケースが出てくると、何か手続きを行う度に、戸籍謄本を提出する必要が出てくることが考えられます。
また、相続や離婚した時の手続きが面倒になるので、結局のところは、同姓が無難なのです。
他にも、配偶者控除などの各種手当を申請することができないというデメリットもあります。

考え方次第

海外では、結婚して夫婦別姓で名乗ることができる国もありますが、必ずしも夫婦別姓が日本で機能するとは限らないのです。
現在の日本で夫婦別姓を実現するは、籍を入れないで、事実婚状態で夫婦別姓を名乗るという方法しかありません。

しかし、それだと将来生まれてきた子供がどちらの姓で名乗るかなど面倒です。
そのような方法を取らなくても、仕事上では旧姓のまま仕事を続けている人も沢山います。
その方が、仕事上やりやすいからという人もいるのではないでしょうか。

あなたはどちらがいいと思いますか?

結婚して、姓が変わると最初は諸手続きが面倒に感じますが、面倒なのは、最初だけという気がしませんか。
子供がいなければ、事実婚でもいいかもしれませんが、子供がいたら、後々手続きが複雑になりそうです。

夫婦別姓にこだわっている人は、結婚する前に自分の考え方を説明して、どうしたいのかをよく話し合っておくことをおすすめします。


結婚前のエチケット?ブライダルチェック


ブライダルチェックって聞いたことあるような気がするけれど、いまいちなんなのかわかっていないという女性は多いです。
そこで今回は、ブライダルチェックとは何かということから、その内容や実際に行われる流れについてまで解説していきます。

ブライダルチェックは今では多くの方が当たり前のように行っています。
ぜひブライダルチェックへの理解を深めて、それを知ったうえで判断するようにしましょう。

ブライダルチェックとは?

特に最近では晩婚化が進んでいます。
そしてそれに伴って、女性の始めての出産年齢も上昇傾向にあります。

ブライダルチェックは妊娠の可否を調べるもの

平均が30歳となっています。
そのために、不妊症のリスクも大きくなっているわけです。

いわゆる一種のエチケットやマナーという考え方として、奥さんがいつでも妊娠できるかどうか、そういった状態にあることを結婚前にチェックしておくというのが、ブライダルチェックというものです。

ブライダルチェックの内容

ブライダルチェックは、主に産婦人科で行われています。
ここでは、子宮や卵巣に問題がないかどうかのチェックが行われます。
問題があるような場合には、不妊や死産のリスクがどれくらいあるのか、ということが伝えられます。

特にクラミジアなどの性病に感染していないかどうかというチェックもなされます。
性病に感染しているような場合、パートナーに影響を及ぼすだけではなくて、お腹の胎児にも悪影響を及ぼします。

障害を持ってしまったり、死産になってしまったりします。

ブライダルチェックの必要性

こういったブライダルチェックがなぜ必要なのかというと、一番は子宮や卵巣の問題、そして性病の罹患などについて、病院でのチェックなしに自分で気づくことはまずできないからです。
自覚症状があるというケースはきわめて稀なことです。

そして、自覚症状がある頃には、かなり病状が進んでいる状態であるために、そのときにはすでに妊娠が困難な状況になっているわけです。
そういったことを予防するために、ブライダルチェックが必要となっています。

ブライダルチェックをすることによって、病状が悪化する前の早期発見をすることができれば、即座に治療をして、妊娠が問題ない身体にできることも多いです。
パートナーと2人の幸せを考えたうえでも、ブライダルチェックはきわめて重要な役割を担っているということができるでしょう。

ブライダルチェックの理解が浸透

ブライダルチェックは以前は、花嫁が結婚前に自分の健康状態をそれによって示すことによって、嫁としての信頼感を得るなどといったように曲解されて浸透していました。
実際にブライダルチェックを受ける人は少なかったわけです。

しかし、今では多くの方が本来の、家族の幸せのために必要な健康のチェックを受ける、というブライダルチェックの趣旨を理解するようになっています。
そのために、ブライダルチェックを結婚前に受ける女性が年々増加しています。

ブライダルチェックの流れ

ブライダルチェックといっても、実際にどのようなことをするのか、わかっていない女性も多いです。
そこで、この項目では大まかな流れについて解説していきます。

大まかな流れ

  1. まずは問診
    初経が来た年齢や、生理の周期や生理痛などについて聞かれます。
  2. 視診によって、陰部に異常がないかをチェック
    クスコという膣を広げる鏡を使って、膣内部の異常を見ていきます。
  3. おりものを採取してそれを分析・超音波検査
  4. 最後に結果を聞いて終了

ブライダルチェックは幸せの基盤

このように、ブライダルチェックは今では非常にポピュラーなもので、当たり前の工程になっています。
ブライダルチェックをすることによって、妊娠に問題がないことがわかれば、それは幸せの基礎ができあがることでもあります。

結婚したのはいいけれど、女性の身体に問題があって妊娠できないということにならないために、ブライダルチェックはとても重要です。


上司を呼ばない結婚式の上手な挙げ方


最近ではカップルによっていろいろな結婚式の挙げ方を選べるようになってきました。結婚式という大事な人生の一大イベント。
新郎新婦双方の親類友人、職場の仲間など大勢を呼んで感謝の気持ちを伝えたいと考える人もいる一方で、プライベートな結婚式にまで仕事関係の人や上司を呼びたくない、というカップルもいることでしょう。

しかし、結婚式を挙げることそのものを上司に伝えないわけにはいきません。結婚式に上司を招待しない場合の上手な対応の仕方を考えてみましょう。

結婚式に呼ぶ招待客を考える

まず大前提として、上司を結婚式に呼ばないなら、他の職場の人や仕事関係の人も全員呼ばないというのが一番角の立たない方法です。

どんなに上司を呼びたくない場合でも、仕事では何かしらの形でお世話になっていることに変わりありません。
それなのに他に職場内に結婚式に招待されている人がいるにもかかわらず上司は招待されていない、という状況では上司の顔が立ちませんし、招待された人にまで気を使わせてしまいます。

どうしても上司以外で職場に呼びたい人がいる場合は、その人を「ごく親しい友人」として招待しても違和感がないか、考えてみましょう。

ふたりだけでなく両親とも相談する

結婚式を挙げる時には新郎新婦ふたりだけでなく、その両親や親族の意見も汲み取ることが大事です。
中には自分たちは上司を呼ばないということで意見が一致していても、両親に反対されることがあるかもしれません。

「上司を呼ばない」というよりもあくまでも「親族とごく親しい友人だけの結婚式にしたい」という前向きな内容で希望を伝え、カップルで協力して両親との話し合いに臨むようにしましょう。

なぜ親しい内輪だけの結婚式にしたいのか、理由をいくつか用意しておけば納得してもらいやすくなります。
最終手段としては、やむを得ない仕事の都合で上司が出席できないと説明してしまうのもひとつの手かもしれません。

いざ、上司に伝える

結婚式の日取りとおおよその招待客が決まれば、できるだけ早く上司に伝え、同時に招待はできない、ということもお詫びするようにしましょう。

日取りだけ伝えて上司もすっかり参列する気になった後で知るということになれば、いい気分になる人はいません。
その時にも「結婚式は親族とごく親しい友人のみの小規模なものにするため」とあくまで前向きな理由を、「本来ならばいつもお世話になっている上司は招待するべきところを申し訳なく思っている」という気持ちを表現して話すように気を付けます。

結婚相手と親族の意向も尊重しているとさりげなくアピール

また、近親者のみの結婚式を挙げることになったのは、自分ひとりの希望だけでなく、結婚相手や双方の親族の意向でもあることを話してみてはどうでしょうか。

結婚式は自分だけの意見で成り立つものではありません。周りの意向を尊重しているということが上司に伝われば、理解も得やすくなり、角も立ちません。

結婚式後のフォローもしっかり

結婚式当日に招待していない上司からも祝電やご祝儀をいただくこともあります。
もちろんその場合は心を込めてお礼とお返しをするようにしましょう。

結婚式に出席していない上司は、参列者と違って結婚式の料理やイベントを楽しんでいません。お礼の内容は結婚式の参列者への引き出物よりも高価なものにするのがベストです。
また特にお祝いをもらっていない場合でも、結婚式やその準備で休みを取って仕事に影響が出た場合などは、ちょっとしたお礼の品を差し入れるようにすると印象もよくなります。

隠さず、オープンに

職場の環境や上司の人柄によっては、結婚式の後にどんな結婚式だったかやその感想を聞かれる場合もあると思います。

結婚式が話題にあがった場合にも、素直に話すようにしましょう。
後ろめたいことをしているわけではありませんので、オープンに接した方がお互いに後腐れもなく、すっきりするでしょう。

一番の対策は日々の仕事ぶりで信頼を得ておくこと

結婚式に上司を呼ばないことで一番心配なのは、上司の機嫌を損ねてしまい、その後の職場の人間関係に影響してくることだと思います。
しかし色々な結婚式のある今の時代、十分な対応策さえ考えれば過剰に心配することはないでしょう。

一番は普段からしっかり仕事をすること。日々の仕事ぶりで上司の信頼を得ていれば、いざという時にも納得してもらいやすいものです。


結婚式の二次会の気になる服装とパフォーマンス


結婚式の二次会とはどんなことをするのか、どんな服装で行けばよいのかなど、二次会が初めての人は不安がたくさんです。
服装のアドバイスや、実際に見たことがある二次会から内容を紹介します。

続きを読む


ゲストにきっと喜ばれる!二次会ゲームの景品


結婚式の2次会をするカップルが増えています。
2次会は、親戚や会社の上司が出席する披露宴とは違い、新郎新婦とゲストとの距離も近くて皆で楽しめるのが良いですよね。

続きを読む


結婚式招待状・席次表・席札の書き方マニュアル


結婚式招待状・席次表・席札の書き方マニュアル

「招待状の作り方が分からない」と思っていませんか?
なにもかも初めてのことなので、なにから手を付けて良いか分かりませんよね?
分からないのはみんな一緒です。

結婚式の準備はいろいろあります。

そんな花嫁さんに招待状、席次表などのペーパーアイテムの作り方やチェックポイントなどをご紹介します。
みんなの疑問や不安をスッキリ解決します!

続きを読む